委員長 婚活の歴史

出逢えるアリーナ実行委員会 

今活仲人士・婚活番長 福寿来美です。

あらためて私の婚活に纏わる
経験についてご紹介させて頂きたいと思います。

m(__)m

少々長くなりそうですが、お時間が許せばどうぞ。

バブル期・20代から婚活開始

私は、現在50代半ばですが

20代の頃からオンライン婚活に着手

(当時はMSNチャットと呼んでいました)
 

婚活パーティーに参加し、
結婚相談所に登録し会員活動、

20代をバブル期の東京で過ごし
当時は40,000人が出入りするという

某企業建物内にて働いており、

会社友人企画の合コンは日々あり
当時は建物内で営業活動をされていた

保険会社の人が
合コンを企画してくれるという風習・オマケもあり

花形であった商社マン、
一部上場企業の会社員、航空会社、
それからお医者様や、
どっかの御曹司、経営者・・・・

ありとあらゆる出逢いがありました。

以降、
ネット婚活、マッチングアプリ、結婚相談所会員活動、

相席屋や最近のオンライン婚活まで
出会った男性の数はもう数えきれませんし、

婚活パーティーと言えば
100人規模のパーティー参加も多々参加しましたし

バブル時代から合計すると出逢いを意識して
出会った男性は10,000人は超えそうです。

数をこなしても、アプリを使っても・・・

現在でいうマッチングアプリは
10個以上の利用経験

Pairs、omiai、Yahooパートナー、youbride、match.com、Tinder

などなど、、、各アプリで100名以上の方々とマッチングをしています。
  

しかし、マッチングして、

実際に、何人の方と二人でお会いしたか、
お見合いをしたか、というと

数は格段に下がり30人と思い出せません。

数えようとしても10人くらいしか思い出せずそんなはずは無いだろう、

とあえて30名とはしましたが、20代~今現在の50代半ばとなるまで

「婚活パーティー」や「結婚相談所」、「マッチングアプリ」で 

出会った方と、恋愛まで発展した男性はたった2人、結婚は0人

※結婚はさんざん紆余曲折あった後、婚活の場ではなく
仕事で知り合った男性との結婚(国家公務員)でした。

が、離婚。(子どもが一人おります。)

その後は一人親として、子どもと2人暮らし
時給900円のパートタイマーから生活を始め、その後

外資の大企業に奇跡の就職を果たし
年収600万円を超えるようになり何とか生計を立ててきました。

さて、そんな私は、
なぜそんなにも出会いの多い環境に
ありながら恋愛も、結婚も最低数で

お見合い成立も少なかったのでしょうか?

理由は自分のことしか見えて無かったから
自分のことを客観的に理解していなかったから

などが思い浮かびます。

この時の反省が、今現在
皆様の婚活をサポートしたい、という強い動機になっています。

もう一つ、シングルマザーを体験したことで

恋愛や結婚が必要以上にうまく行かないことは

=ありとあらゆる困難を招いていく、と学びました。

また恋愛がうまく行かない、それから独り身の孤独から
自殺という選択をした友人も2名いて

それが今の私の行動に強く影響しています。

安定収入を手放し結婚相談所勤務

その後、ご縁があって
「あり得ない」と思っていた

結婚相談所でのアドバイザーの職に就きます。
相談所のアドバイザーという立場では

300人以上の婚活男性の相談を聞き、
親御さんからのご要望、電話相談では

1,000件を超えるご相談を受けました。

  
※他支店でしたが印象に残っているのは
70歳の息子を90歳の母親が連れてきた、

という報告です。

結婚の成功法則もひとつではない

私は上記の経験や思いを活かし、
皆様の婚活をサポートしたいと思っていますが

いわゆる
「こうすれば成功する!」
「私のようにやれば結婚できる!」
という事でもありません。

実際、こうすれば成功する!
というお話も多々聞いて参りましたが

それに当てはまらない方々が
ビジネスで成功していく、
結婚していく、

という事も経験しているため

 
成功法則はそれぞれ、私も含め、
ご自身で探るものと思っています。

私の経験は、
婚活・恋愛・結婚で後悔しないための
情報としてお伝えしていけたらと思います。  
反面教師にして頂けたら、と思っております。

それから
仲人士の資格を取りに東京まで行きながら
協会や団体には属しておりません。

※協会や団体に所属する結婚相談所では

入会金10万円〜 月会費1万円~ 成婚料20万円~、と

いう相場がありますから、それを避けたかったからです。

※決して相談所のシステムや料金体系を否定するものではありません。
上記の料金は安定したサービスを提供するには妥当な設定と思います。

最後に

「結婚」は自分の思い描く人生のひとつの通り道、や選択肢であり、

進学、就職となんら変わりなく、

「望む人生を歩んで行こう!」

というテーマに沿うためのひとつの手段だと思います。

 
皆様におかれましては

「恋愛」や「結婚」を考えて

恋・婚活されるのであれば

それをまずは叶えて欲しい!と心から願っています。

今日お伝えした内容からは、


自分自身の思考と行動が伴わなければ
理想の方が目の前にどんどん現れようとも

出会いの数が多くとも、どうにもならなかった


という事が伝われば、と思います。
どうぞ宜しくお願い致します。

それではもし 

「3-3」のプチコン、「1-1」のお見合い

のセッティングにご興味があり、まだ登録していないという方は

こちらからご登録をお願いします。

https://pro.form-mailer.jp/lp/db9b81a5181197

では、アリーナでお会いしましょう。(#^.^#)

出逢えるアリーナ実行委員会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA