さんぷる歯科医院

よく頂く質問

子どもが欲しいので子どもが欲しい方と結婚したいです。
お子様が欲しいという理由で婚活を始められる方もいらっしゃいますし、その数は少なくありません。
医学的には子どもを持つのであれば女性も男性も20代が最も良いとされていますが、意外と知られていないのか、と思われる事実が年齢が上がるとともに妊娠の可能性が減少する原因は男性側にもある、ということ。

男性側にも30代以降~精子の劣化や老化、その数が大幅に減少するというデータも発表されています。
また婚活市場において、男性、女性ともに年齢が高くなるほど希望年齢層が全く合わなくなってきます。例えば40代以降の男性が10歳以上年下の女性を希望するのに対し、女性側は同世代か年下の 男性を希望している傾向です。
ですからお子様が欲しい方が、お子様の欲しい異性と結婚するのは年齢を重ねるごとに非常に難しくなってきます。
お子様が欲しい方は出来れば男性も女性も20代のうちに早々にお相手と出逢えるよう婚活を始めることをお勧めしますが、まず先に信頼できるパートナーと出逢うことを最優先に考えましょう。
婚活を始めた方が良いでしょうか。
結婚したい、家族が欲しいのに「出逢いがない」と思った時から即始めましょう。
出逢いがない、と感じたその時から、それ以降も何もしなければそのままずっと「独身の異性」との出会いはありません。
そのまま30代、40代、50代になっていくのはアッという間ですが年齢を重ねるごとに「婚活」しての結婚は様々な問題が起き、結婚のハードルは高くなっていく、と言えそうです。
大半の方々にとってそれは予想以上だと思われ、「今が一番若い」のですから、早速、婚活を始めましょう。
何度お見合いをしてもいいと思う方に出逢えません。
何度、の何度はどのくらいでしょうか?実際はひと月に1度婚活パーティーに出席するかしないか、ひと月に独身の方と1人~2人もお会いしていない方が多いです。
多い方は年間200名~300名の方とお会いして理想の方と出逢い、結婚をしています。
また、しっかりと活動をしているのにうまくいかない、という場合は「何か」を変えていかなければ同じことが続きます。あるいはちょっとした「何か」が原因なのかもしれません。
第三者からみてそれが「何か」アドバイスを受けることもオススメします。
新しい出逢いを求めているのですが、以前の失恋から立ち直れておらず嫌な記憶が忘れられません。
まずはしっかり7時間以上の睡眠をとること、歩く事、そして少しでも楽しいことに時間を割くことを頑張ってみて下さい。
忘れられない傷はどなたもひとつやふたつ、背負っているものですが、余裕ができたら「失恋の分析」と 「自分会議」の実施もオススメします。婚活は無理をしないよう並行して進めていきましょう。
ただし、新しい出逢いの場や、マッチングした後でお二人のデートとなった時、 ご自身の辛い体験談を話される方もいらっしゃるのですが、それは良い結果には繋がりません。また一歩、前進し、成長し、訪れる未来の幸せのために知り合ったばかりの方に、ご自身の辛い過去をお伝えするのは控えましょう。
長らく付き合っている方がいるのですが全くに結婚の気配がありません。婚活を始めた方が良いか迷っています。
人の「好き」や「長く一緒にいる」という理由はひとつではありません。その「長らく付き合っている方」があなたと長らく一緒にいる理由が「付き合う対象ではあるけれど、結婚の対象ではない」と考えている場合もあります。
その場合は、どれだけ時間を費やしても結婚に傾けていく事は厳しい、という可能性が高いです。
特に子どもが欲しい、結婚したい、と思われる方にとって「付き合う対象ではあるけれど、結婚の対象ではない」と考えているお相手の方と、長らく一緒にいることは大きな痛手となってきます。
その他考えられることもありますが、「結婚」というイベントを起こすためには現実的に戦略的に進めていかなくてはならないことも多々あります。ご自身の気持ちとしっかり向き合い、ご自身の人生のためにできることをしっかり行動していきましょう。
友人ではない、第三者の客観的な意見も取り入れることをお勧めします。

ひと月にお一人様ずつ限定で無料相談も行っていますのでご利用下さい。

受付

TEL:0120-000-000

イベントのため日曜日は受付をお休みさせて頂きます。

午前11:00から受付
午後20:00まで受付
△ 午前受付のみ
ー お休み